みなみ歯科・矯正歯科 | 蒲田・大田区 | 小児歯科・口腔外科・審美歯科

みなみ歯科・矯正歯科

24時間 WEB予約受付 メールでの
お問い合わせ
電話での
お問い合わせ
電話での
お問い合わせ
  1. TOP
  2. 歯科用顕微鏡治療
  3. 顕微鏡充填修復プラスチック充填

DENTAL MICROSCOPE TREATMENT歯科用顕微鏡治療

顕微鏡充填修復プラスチック充填

むし歯は、より早い段階で正しい初期治療をすることにより、その後の進行が大きく変わります。初期のむし歯であれば費用も安く、治療も短い期間で終わりますので、患者さん自身の負担も軽くなります。
現在では、小さいむし歯の治療法として、CR修復(コンポジットレジン修復)という治療法が主流です。むし歯の早期発見はとても重要なことですが、肉眼で見える範囲には限界があります。肉眼ではむし歯に見えなくても、密かにむし歯菌が忍び寄っている歯がたくさんあります。
そのために、用いられるのが「歯科用顕微鏡」です。歯科用顕微鏡は肉眼では見えない細部までも拡大することで、その患部を正確に観察することが出来ます。
よって、肉眼で見えにくい場所も正確にとらえて、適切な初期治療を行うことが可能です。肉眼で見て大丈夫そうに見える歯でも、顕微鏡を使ってみることで肉眼では見落としがちな歯と歯の間のむし歯や、かぶせものとの隙間などにあるむし歯の見落としも少なくなり、適切な判断をする事が可能になります。
ページトップに戻る