みなみ歯科・矯正歯科 | 蒲田・大田区 | 小児歯科・口腔外科・審美歯科

みなみ歯科・矯正歯科

24時間 WEB予約受付 メールでの
お問い合わせ
電話での
お問い合わせ
電話での
お問い合わせ
  1. TOP
  2. 矯正歯科
  3. 歯列矯正
  4. 矯正治療の概要

ORTHODONTIC矯正歯科

歯列矯正

矯正治療の概要

矯正治療だけに言えることではないですが、特に矯正治療の特質上、周囲とのバランスが大事です。例えば、個々の歯の大きさであったり、顎の大きさであったり、意外かもしれませんが、唇や舌の筋肉の強さも歯ならびに影響します。その全体的なバランスがうまくとれると矯正治療は長期的に安定します。当院では全体的なバランスをご理解して頂いた上で、治療の目的が何か?を患者さんと一緒に考えるようにしています。
歯並びがわるいと...

実際に歯並びが悪いとどんな問題が生じるのでしょうか。
代表的なものをいくつか紹介いたします。

  • 1. 食べ物をちゃんと噛めない

    かみ合わせが悪いと食べ物をきちんと噛む事が難しいので、咀しゃくに障害をおこします。食べ物をあまり噛まず飲み込むので胃腸にも負担をかけてしまいます。

  • 2. 発音がしづらくなる

    かみ合わせの状態によって発音がしにくくなる場合があります。

  • 2. 虫歯や歯周病になりやすい

    歯が重なっている部分など、磨きにくい箇所が多くなってしまうため、虫歯や歯周病になりやすくなります。

  • 4. 顎や顔の形に影響する

    顎の骨や顔の筋肉は、噛むことで発達します。正しく噛むことができないと、顎が未発達になり、さらにかみ合せを悪くさせてしまいます。顎がちゃんと発達しなければ、顔の形がゆがんでしまいます。

  • 5. 肩こりになりやすい

    かみ合わせが悪いと、片側だけで噛んでしまいバランスの悪い噛み癖がつきます。偏った使い方をすると、血液や神経が圧迫され、肩こりや片頭痛、目の疲れなどの原因になり、一見歯並びと関係なさそうな部分にも影響してくるのです。

子供の矯正

当院では低年齢で来院された患者さまでも“あえて”治療をすぐに開始しない場合もあります。成長力を利用して治療を行うので、成長している期間はずっと矯正のタイミングですが、その間ズーッと通院しなければならないのではかえって無駄となる場合もあるからです。
成長期の中でもお顔のパーツごと(頭蓋骨・上あご・下あご)に成長のピークの時期が違うので、そのタイミングを見計らって「今だ!」と言うときに「これ!」と言う治療を行うと一番短期間で一番効果的な治療を行えるのです。定期観察の時期には半年~1年ごとに通院していただき「今だ!」を逃さないようにします。「今だ!」が来たら積極的な治療が始まりますが、それまでに記録してきた身長や骨組の記録を元に最適な装置を「これ!」と選ぶことで無駄のない治療を行います。
定期観察の間は、一般歯科を併設しているため予防歯科として虫歯チェックやフッ素塗布など、お口の中全体の健康管理を行って行きます。

大人の矯正

大人の矯正治療とは、全ての歯が永久歯に生え変わった後に治療を開始する場合を言います。とは言え、お口の中の状態も様々です。
当院では永久歯が出そろったばかりの方(10歳代)も、長く永久歯を使って来られて何本か銀歯があったり抜けてしまった歯があったりする方(40歳代~60歳代)も頑張って矯正治療を受けていただける体制を整えています。虫歯や歯周病のメンテナンスはその専門歯科医や衛生士が担当し、矯正治療はもちろん、虫歯・歯周病・かぶせ歯・ホワイトニングなど包括的に必要な治療を同じ医院の中で行うことができます。同じ歯科医院の中で治療を行うので伝達も正確ですし、ご予約もスムーズにできるので、効率的に治療を受けていただけます。また、お口全体の矯正治療以外にも部分矯正治療も行っています。

ページトップに戻る